SEO対策でGoogleの心を捉える

SEO対策でGoogleの心を捉える

SEO対策」という言葉があります。Search Engine Optimizationの略ですが、日本語で訳すると「検索エンジン最適化」。このブログの読者の方であればどこかで耳にしたことがあるワードではないでしょうか?

「ああ、サイトが上位表示されるノウハウね・・・」

なんとなくぼんやりイメージがつく方は結構いらっしゃるでしょう。しかしこのSEO対策=検索エンジン最適化の中身まで具体的に理解している方はそんなに多くはないのが実情です。

ここでは、このSEO対策=検索エンジン最適化に的を絞ってお話を進めたいと思います。

 

SEO対策

 

検索エンジン最適化とは

検索エンジン最適化とは、該当するホームページを検索によりできるだけ上位に持って行くためのノウハウだと言えます。

検索エンジンとは、ずばり『Google』です。

インターネットで何かを調べる際、現在世界のスタンダードな検索サイトはGoogleです。日本語で「ググる」という言葉ありますが、英語圏でも「Google」をググると同じように英語として利用されているほどです。

Yahoo!もかつては代表的な検索サイトでしたが、現在はGoogleの検索システムを借りていることから、Googleの検索を攻略すれば必然的にYahoo!の検索を攻略できることになります。

検索サイトは他にもMSNやnaver、Bingなどありますが、世界的マーケティング会社StartCompanyの調査によれば、2018年10月の段階でGoogleとYahoo!で95パーセントのシェア率を占めています。

StartCounter参照

 

Google

 

かつてのSEO対策

一昔前のSEO対策は「被リンクを増やす」方法が主流になっていました。メインとなるサイトに多くの外部サイトがリンクされて入れば、そのサイトはいいサイトだとGoogleが評価して検索で上位表示していた時代があります。

ブラックハットSEO

手当たり次第被リンクサイトを増やし、スパムや自動生成などを使い何でもいいから文字数をふやしてGoogleに評価してもらう「ブラックハットSEO」という手法が幅を利かせていたのです。SEOテクニックの1つとして多くの企業やアフィリエイターが取り入れていたやり方です。

しかしGoogleはそんなやり方を許しませんでした。検索機能の裏をかくような手法を認めず新たな検索アルゴリズムを採用し、一般ユーザーの検索を高める施作を取ったのでした。いわゆるペンギンアップデートパンダアップデートと呼ばれるものです。

簡単に言えば、Googleはよりユーザーが探したいサイトにたどり着きやすいシステム設計を採用しているということです。

Googleからすると、自分達が提供するサービスが信頼されなくなるとお客様がいなくなります。「あ、やっぱりGoogleって使えるなあ!」そう思ってもらえるように、できるだけお客様が求めているものを探しやすい検索エンジンに改良しているのです。

したがってGoogleは、検索キーワードにぴったりマッチするサイトをできるだけ上位表示させたいと思う一方で、検索キーワードと関係ないサイトはできる限り排除したいと考るのです。

 

ホワイトハットSEO

ブラックハットSEOとは対照的な言葉に『ホワイトハットSEO』というものがあります。これは、Googleが提唱する検索エンジン最適化のガイドラインに沿ってサイトを構築する手法です。

GoogleSEOスターターガイド

Googleは200以上もの指標をもとに、それぞれのサイトに得点をつけています。サイトのテーマやユーザーへの価値提供の中身、サイトの信頼性などを総合評価した得点を、独自の計算方式で叩き出しているのです。

Googleと両思いになるサイトを作るためには検索エンジン最適化対策をする必要があります。ここで基本となる視点はたったの3つです。

  • 検索キーワードに沿ったサイトを作る
  • 内容を分かりやすいものにする
  • 良質なリンクを集める

これらの3つのポイントを正しく押さえることで、Googleはあなたのサイトを好意的に評価して高い点数を付与してくれるのです。

一言で言えば、ユーザーファースト

Googleは、Googleを利用しているユーザーが

「Googleって使い使いやすいよね!」

と評価してくれるような検索エンジンにするにはどうすればいいのかを常に考えており、ユーザーの使いやすさを基準にして全てのルールを決定しています。

 

検索エンジン最適化

 

ここからは、Googleが定める3つの基準をそれぞれ具体的に説明します。

 

検索キーワードに沿ったサイトを作る

サイト制作の基本とも言えますが、あなたの見込み顧客となるターゲットがどんなキーワードを想定して検索をし、その結果あなたのサイトに訪れるのか。そのイメージを頭の中で駆け巡らせながらサイトを作る必要があります。

アマゾンはできるだけ検索ユーザーの意向に沿ったサイトを表示させたいと考えるので、制作するサイトは検索キーワードに沿った内容のコンテンツを用意する必要があるのです。

 

検索エンジンに分かりやすくする

サイトはユーザーにとって満足のいくものであると同時に、検索エンジンにとっても分かりやすいものである必要があります。検索エンジンは人間のような視覚でサイトを判断するのではなく、タグやキーワードを通じてサイトの良し悪しを判断します。

したがってタイトルタグやmetaタグ、見出しや本文には重要なキーワードを盛り込むことは必須と言えます。画像にテキストをつけたりリンクタグをつけてリンク先情報を正しく認識させることも大切です。

Googleの検索エンジンがきちんと内容を理解できるように、分かりやすいサイト作りを心がけるようにしましょう。

 

良質なリンクを集める

Googleは、該当サイトが他のサイトから評価されていることを重視します。サイト評価の基準となるのが「被リンク」です。これまでのむやみやたらに多い被リンクではなく、信頼できるサイトや同じテーマからのリンクが多数あるとGoogleはそのサイトを高く評価します。

 

具体的には

 

サイトマップの作成

Webサイトを宣伝する

サイトの各ページに固有のタイトルをつける

コンテンツの内容は正確に記述する

シンプルかつ分かりやすいタイトルをつける

見出しを適切に使用する

サイトの階層を整理する

コンテンツの内容が伝わるURLにする

有益かつ興味深いコンテンツを作る

読者のニーズに合わせたコンテンツを作る

専門性と権威性を際立たせる

適切な分量を執筆する

広告を多用しない

リンクを上手に使う

画像を最適化する

スマホ対応にする

 

このようなことに意識を配りながら良質なコンテンツ制作することが、あなたのサイトのSEO対策につながると言えるでしょう。

SEO対策でGoogleの心を捉える” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。