ステップメール脱稿

ステップメール脱稿

今年の7月に法人のお客様からのお問い合わせがありメルマガ執筆の依頼がありました。

正式にはステップメールの作成依頼です。クライアント様は物販業を営んでおり。とある商品をECモールで販売しています。

月の売り上げは7桁以上。

試行錯誤して獲得したECモールでの販売スキルをコンサルティング形式で販売したいとのことです。集客方法として、まずはメールで見込み客にアプローチしたいとのご相談がありました。

ステップメールとは、メルマガを使った販売マーケティング手法の1つです。

一通のメルマガでいきなり商品を販売するのではなく、複数のメルマガをステップを組んで発行します。メルマガにストーリー構成を持たせることにより全く商品のことを知らない読者に対しても、徐々に商品の良さを伝え購買へと導くことができます。

自分たちの物販ノウハウをできるだけ多くの人へ伝えて、一人でも多くの人のサポートをしたいというご要望がありました。

ステップメールは「ストーリー」が重要です。

単純なノウハウだけでなく、アップダウンを感じさせる物語性を感じ取れることができると、メルマガ読者はメルマガの内容に感情移入して最終的に購買に結びやすいと言えます。

そこで正式なご依頼を承ったあとは、実際にクライアントと面談し根掘り葉掘り質問します。

 

そのビジネスに参入したきっかけは?

一番苦労したことは?

もっとも嬉しいことは?

現在の売り上げは?

自分の商品にしか出せない特徴は?

やめようと思ったことは?

どんな人に買ってもらいたい?

購入してくれた方にどうなってもらいたい?

 

時間の許す限り、僕はクライアントの人となりやバックボーンを探る質問をいくつも投げかけるのです。そしてそこでえた情報をもとに、ステップメールを作成します。

ステップメールは「物語性」がとても重要になります。読者の心がどれだけ湧きたち、どれだけ感情移入できるのか。最終的にはその商品を購入することが当然だというレベルまで気持ちを引き上げる必要があるのです。

メルマガは一昔前の集客方法だと見る向きもありますが、決してそうではありません。もちろん高いライティング技術が求められますが、きちんとはまればかなり集客効果があるマーケティング手法だと言えます。

メルマガ脱稿したあとはどれだけ結果を出すことができるのか。そこに焦点が集まります。当然私たちも最後まで責任を持って様子を見ながら何度も修正を重ねていきます。

とことんクライアントに寄り添うライティング会社として、最後の最後までも届けていくつもりです。